新しいヘッドホンアンプを導入しました!SAMSON「QH4」

先日新しいヘッドホンアンプを購入しました。

今までもドラムの後ろにヘッドホンアンプはあり、モニターできる状態だったのですが今までのヘッドホンアンプ少し質が悪くノイズがひどかったんですよね。
音を鳴らしていない状態でもずっとジーという音がなりっぱなしだったので。

ぶっちゃけ安物だったので、安物買いの銭失いというところでしょう。

 

今回はちょっといいやつを買いました。
トップ画像の通り、SAMSON「QH4」という機種です。
また、入出力の多いものを買ったので、このヘッドホンアンプからミキサーへの経路も用意してあります。

ちょっと接続は複雑になり、ループしないように気をつけないといけないですが、ミキサーでミックスした音をドラムでモニターするのはもちろん、ヘッドホンアンプに音源を入力してミキサーへ出力するなどもできます。

レッスンのときもスマホからヘッドホンアンプを経由してミキサーに接続しているので、音量調節がドラムの場所でできるようになりました。

少しレッスンがスムーズになると思います。
いままではミキサーのところまで行って音量調節しないといけなかったので。

 

コントロール部はこんな感じです。

ミュートスイッチ、モノラルスイッチ、マスターボーリューム、チャンネルボリュームがあります。

マスターボリュームオンオフスイッチを兼ねています。
マスターボリュームを一番下に下げるとカチッといって電源が切れます。

電源を入れると、中央下部のライトが点灯します。
めっちゃ小さいですが(笑)

この写真は電源がついています。

ミュートボタンを押すとすべての出力がミュートされます。
モノラルスイッチを押すと、すべての出力がモノラルに変わります。
チャンネルボリュームはヘッドホン出力1〜4チャンネルのそれぞれのボリュームですね。

 

注意点は電源を入れてから音量が上がるまで10秒ぐらい時間がかかることです。
マスターボリュームを上げて電源を入れてから、すべての出力に対して音量が上がるまで10秒ほどかかります。

電源を入れた直後に音が出ないなあと音量を上げていくと急に音がバカでかくなる可能性があるので注意して下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top