ネクライトーキーの魅力

最近で一番ハマったバンドは間違いなくネクライトーキーでしょう。
半年ぐらい前に一度記事でも紹介しましたね。

今日はもう少し詳しい魅力について解説していきたいと思います。

というのも5月19日にメジャー2本目のアルバム「FREAK」がリリースされます。

引用元:ネクライトーキー

それに向けてネクライトーキーのユーチューブチャンネルではMVが3つもアップされました
ちょうど激アツというところですね。

 

まずは基本的な情報から見てみましょう。

名前の由来はネクラ(根暗)クライ(Cry、泣く)ライト(光)トーキー(話し手)みたいな言葉をつなげて作った名前らしいです。
メンバーは5人、もっさ(ギターボーカル)朝日(ギター)藤田(ベース)カズマ・タケイ(ドラム)中村郁香(キーボード)です。

かなり尖ったバンドなのでいろんな楽しみ方があるのですが、まずは歌詞に注目して聴いてみるのが面白いかもしれません。
表現が悪いかもしれませんが、変わった歌詞が多いです(笑)
それがネクライトーキーの良さなんですが。

ただ、それが意外と共感できる内容だったりするので聴き入ってしまうんですよね。

ボーカルの声質はいかにもカワイイ歌詞を歌っていそうな感じなのですが、歌詞はけっこうバイオレンスなものが多いです。
というのも作詞作曲はほとんどリードギターの朝日さんという人がしています。

この人が書く曲が特徴的なんですよね。

 

めっちゃかわいいうたという曲があります。

最初は曲を書く風景などから始まるのですが、サビは「どつき回せ!鉄で殴れ!」で始まります(笑)
急にびっくりというところですよね。

他にもMEMORIESというミニアルバムにはなかなかバイオレンスな歌詞の曲が多いです(笑)
厳密にはネクライトーキーのオリジナルでは無いのですが、細かいことは置いときましょう。

 

もちろん歌詞だけでなく曲もめっちゃいいです。
私が一番思うネクライトーキーの曲の魅力はバランスだと思います。
いろんな意味でバランスのとれた曲が多いんですよね。
このへんの話は長くなりそうなので続きはまたの機会にしましょう。

アルバム欲しいなぁ(笑)

トップ画像引用元:ネクライトーキー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top