私のギター紹介「ストラトキャスター」

今日は私がメインで使っているエレキギターを紹介したいと思います。

 

それはこちら

フェンダージャパンストラトキャスターです。
今は亡きフェンダージャパンです。

アメリカのフェンダーという世界最大のギター会社があるのですが、それの日本生産モデルですね。
今はブランドが消滅してありません。

30年ぐらい経ったらジャパンビンテージでプレミアがつくかな(笑)

 

中学生のときに買ったやつですね。
新品で買いましたが、5〜6万円ぐらいだったと思います。

1年半前ぐらいにエピフォンのレスポールを買ってメインで使おうと思っていたのですが、最近はこっちのストラトを使うことが多いですね。
やっぱりストラトキャスターは弾きやすい!

 

仕様を解説しましょう。
形は一般的なストラトキャスターでカラーはサンバーストですね。

ピックアップは3シングルでしたが、リアはシングルサイズのハムバッカーに変えております。

ただ、最近はあんまり使ってないかも・・・(笑)
少し前まではリアのハムバッカーの音が好きでめっちゃ使ってたのですが、最近はフロントシングルの音が好きなのであんまり使ってないですね。
やっぱりもともとのシングルコイルに戻そうかな(笑)

フレットは21フレットです。
今となってはフレット数が少ないように感じるかもしれませんが、特に不便は感じないですね。

 

ボリュームノブはひとつ下の穴に移動して、もともとボリュームノブがあった位置にはリアハムのタップスイッチをつけています。
ブリッジミュートとかのときにボリュームノブに手があたっちゃうので変えたんですよね(笑)

今は弾きやすくて対応幅も広いので愛用していますが、最初買ったときはそこまで深く考えていなかったですね(笑)
形はとりあえずストラトで、メーカーはとりあえずフェンダーで、みたいなノリで買いました。
今思えばそこそこいい買い物だったなって思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top