マイナー、セブンスなどへの変化

前回は6弦ルートや5弦ルートでのコードの変化を解説しました。

今日はそこからマイナーやセブンスコードに変化するときのパターンを紹介したいと思います。
まずは6弦ルートから。

6弦ルートの基本コードはEメジャーです。
このEメジャーから人差し指で押さえている3弦1フレットを離す、開放弦にする、もっと言うと1フレット分、半音下げるマイナーコードになります。

この形が

こうですね。

これはFなどのバレーコードでも同じです。

Fが

Fmになります。

セブンス
薬指で押さえている4弦2フレットを離す、開放弦にする、2フレット分、1音下げるとセブンスコードになります。

E7

F7

そしてそのマイナーとセブンスを組み合わせると「m7(マイナーセブン)」コードになります。
Em7

Fm7

4弦の音を半音下げると「M7(メジャーセブン)」コードになります。

EM7

FM7

m(マイナー)コードとM7(メジャーセブンス)コードを組み合わせると「mM7(マイナーメジャーセブンス)」コードになります。

EmM7

FmM7

 

5弦ルートパターンもみてみましょう。

Aメジャーの2弦の音を1フレット下げるとマイナーコードになります。

Am

3弦の音を2フレット下げるとセブンスコードになります。

A7

マイナーとセブンスを組み合わせると「m7」コードになります。

Am7

3弦の音を1フレット分下げると「M7」コード

mとM7を組み合わせると「mM7」になるのは6弦ルートと同じですね。

AmM7

 

いかがでしょうか?

こんな感じで関連してコードを覚えられるといいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top