Kurt Hugo Schneiderに憧れて

みなさん「Kurt Hugo Schneider」をご存知でしょうか。
カート ヒューゴ シュナイダーと読みます。(最初は読めませんでした笑)

知っている人も多いんじゃないでしょうか。

この人を紹介するときの肩書は何にしたらいいんでしょう。
活動が非常に多岐に渡っているので迷います。
シンガーであり、ミュージシャンであり、ソングライターであり、プロデューサーであり、ディレクターであり…
なんでもできるんですよね。

カートのYouTubeのチャンネル登録者はなんと1,086万人!(11/19時点)
トップアーティスト(ジャスティン・ビーバーやテイラー・スウィフトなど)を抜いたら音楽系のチャンネルではトップクラスだと思います。

カートのチャンネルを見ると分かるんですが、カート自身はあんまり歌わないんですよね。
以前の記事で紹介した音楽系YouTuberを中心にコラボして、カート自身は演奏や編集を行っているようです。

カバー曲が中心のチャンネルですが、本家より良いアレンジなんじゃねえか?と思うほどクオリティが高いんですよね。

聴いたほうが早いです。
カートのチャンネルで2番めに再生回数が多い「Just A Dream」を聴いていいただきましょう。

どうでしょうか。
正直、本家のアレンジよりこっちのほうが好きですね。(もちろん本家も素晴らしいですが)

歌はサム・ツイとクリスティーナ・グリミーが歌っています。
歌以外は全部カートが演奏してるんですよね。

3分過ぎからのサビのコーラスの被せ方なんかいいですよね!
二人のシンガーの歌を更に引き立てる編集術!憧れますよね。

私が影響を受けた動画を紹介しましょう。

歌いながらトラックをどんどん追加していくパフォーマンス。面白いですよね。
これに憧れてDTMを始めたと言っても過言ではありません(笑)
この時カートがHPのパソコンを使ってたので、私もHPのパソコンを買っちゃいました(笑)
(HPの戦略に見事ハマっちゃいました笑)

今の曲もそうだったんですが、マッシュアップがうまいんですよね。
(マッシュアップ:複数の曲を分解、再構築し新しい曲を作ること)

とにかく聴いていただいましょう。

何だこれは!
知っている曲がどんどん出てくるんですが、どうなっているかわかりません(笑)
2017年にヒットした曲をマッシュアップにしています。
こんなことができるようになりたい。本当にそう思います。

映像もすごいですよね。
1カットで全部逆再生です。
撮るのも大変だったと思いますが、考えるのも大変だったでしょうね。

シンガーの口の動きは逆再生になった時に歌と合うように研究されてるみたいです。

もう少しで12月ですね、2018年のマッシュアップも出るのかな。
楽しみです!

アイキャッチ画像引用元:KHS

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top