ケーブルの巻き方講座

今日は長いケーブルの巻き方を解説しましょう。
スタジレンタルで使ったケーブルもできるだけキレイに巻いていただけると助かりますので。

普通に巻くのではなく、八の字巻きという方法を解説したいと思います。

八の字を描きながら巻くわけではないので、には名前に違和感があるのですが、一般的には八の字巻きと言われます。

 

まず、普通に巻いてみましょう。
左手でプラグが手前に来るように持って

1周

2周

と巻いていくと巻けます。
ただこの巻き方だと伸ばしたときにねじれてしまいます。

ねじれをほどきながら伸ばせば大丈夫ですが、一気にびろーんとやったらネジネジになってしまいます。

 

そうならない巻き方が八の字巻きです。

やり方を解説しましょう。
最初は同じです。
左手にプラグが手前に来るように持ちます。

1周目は上の巻き方と同じです。

2周目は反対にケーブルがねじれるように巻きたいので、このように逆手にケーブルを取ります。

そのままケーブルを反対にねじるように左手に取ります。

 

逆手にケーブルを取る方法の他に、普通にケーブルをつまんだ後、原チャリのスロットルを回すようにケーブルをねじる方法もあります。

これを交互に繰り返していくとねじれることなく長いケーブルを巻くことができます。
びろーんと伸ばしてもしっかり真っ直ぐになります。

3メートルとかの短いケーブルはここまでしなくてもいいと思いますが、10メートルを超えるような長いケーブルは八の字巻きにするのがいいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top