U-FRETの使い方2

少し前にU-FRETの使い方を解説しました。

今日はちょっとだけマニアックな使い方を紹介したいと思います。

ぶっちゃけ私はそんなに使わない機能も多いのですが、知っておくと便利かもしれないですね。

 

まずは音源視聴ですね。


引用元:U-FRET

曲によってはU-FRETのページから直接音源を流すことができます。
ユーチューブに音源がアップされている曲ですね。

コード譜と音源を別のページで開く必要がないので便利ですね。

ちなみにちょっと下にある音楽が流れてきそうなボタンアマゾンミュージックの広告なので注意しましょう(笑)

引用元:U-FRET

 

楽器ごとにコード譜を切り替えることもできます。
しかし、この機能はあんまり役に立たないですね。

引用元:U-FRET

ここをウクレレとかベースとかにしてもコード譜自体は変わりません。
押さえ方表示などを使っている場合はダイアグラムの表示が変わります。

ウクレレなんかは使えるかもしれないですが、ベースとパワーコードは全然使えないですね。

ただ単にルート音を追っているだけですので。
ベースにカポタストなんてつけないですが、カポ表示はそのまんまだし(笑)

 

曲によっては動画プラスという機能もあります。
動画で音源を聴きながらコード譜が自動でスクロールされる機能ですね。

引用元:U-FRET

普通のコード譜がスクロールされるのと同時に、コードだけが動画の下に表示されます。

これは何拍でコードを変えるのかわかるので便利ですね。
流石にシンコペーションの有無まではわかりませんが。

 

また、U-FRETはスマホアプリもあるみたいですね。

 

無料で使える便利なサイトですので有効に使ってください!

トップ画像引用元:U-FRET

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top