ミキサーの使い方19 ファンタム電源

今日は当スタジオのミキサーのファンタム電源について解説したいと思います。

ファンタム電源はコンデンサーマイクやアクティブDIを動かすときに使うミキサーからXLRケーブルを通って流れる電流のことですね。

詳しい解説はまたの機会にしたいと思います。
このミキサーにはファンタム電源のスイッチが一つついています。
11/12チャンネルのジャックの下にあります。

このスイッチでXLRジャック全てにファンタム電源が供給されます。
9/10、11/12チャンネルのXLRジャックにも供給されます。

ファンタム電源の注意点としてはファンタム電源のオンオフボタンを押すときは、ゲインやフェーダーなどが下がっていることを確認してください。
また、XLRジャックにコンデンサーマイク、ファンタム電源対応機器、バランス型ダイナミックマイク以外の機器をつないだ状態でファンタム電源は使用しないでください。

XLRジャックにキーボード等の電子楽器をつないだ状態ではファンタム電源は使えません。
機材を壊してしまう危険があります。
フォンジャックをご利用ください。

1〜8チャンネルはXLRとフォンの複合ジャックですが、フォンプラグを接続した場合はファンタム電源は関係ありません。

また、ダイナミックマイクはファンタム電源は不要ですが、ファンタム電源がオンの状態でもXLRジャックに接続できます。
なので、コンデンサーマイクとダイナミックマイクを併用できます。

 

ダイナミックマイクにファンタム電源を流してはいけないって書いているサイトも多いのですが、問題ないはずです。
少なくとも当スタジオのMG16XUにSM58を接続した状態でファンタム電源の使用は問題ありません。

メーカーサイトで確認済みです。

YAMAHA
SHURE

 

次回でミキサー解説シリーズは最終回となります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top