ミキサーの使い方18 内蔵エフェクトの使い方

今日はミキサーのエフェクトセクションを具体的に見ていきたいと思います。

まず、各入力チャンネルのAUX4ノブエフェクトセクションに送る信号の量を調節できます。
たくさん回すを深くエフェクトがかかるということですね。

エフェクトセクションを見てみましょう。

プログラム(PROGRAM)ノブを回すとディスプレイの数字が変わります
ディスプレイの数字は下の一覧表の数字と対応しています。

かけたいエフェクトをプログラムノブを回して選択します。
選んだらプログラムノブを押して決定してください。

数字が点滅している状態ではそのエフェクトになっていないのでご注意ください。

パラメーター(PARAMETER)ノブでエフェクトの調節ができます。
回すとどうなるのかはエフェクトによって違ってくるので、いろいろ試してみるといいでしょう。

このノブの値はエフェクトごとに保存されるので、新しいエフェクトを選択したときは少し動かすといいでしょう。
パラメーターノブを固定したままプログラムノブを回すと、前回そのエフェクトを使った人の設定が呼び出されますので。

エフェクトのかかった音はFX RTNチャンネルから出力されます。
このチャンネルのフェーダーを上げるとエフェクトをたくさんかけることができます。

入力チャンネルごとにエフェクトの具合を調節するときはAUX4ノブを、全体的に調節するときはFX RTNのフェーダーを調節します。

 

また、FX RTNチャンネルのAUX1〜3ノブを回すと、AUX1~3出力にエフェクト音を出力できます。

 

その他、オンオフスイッチ、出力切り替えスイッチ、PFLスイッチ等は他の入力チャンネルと同じです。
オンオフスイッチ、ステレオ出力スイッチを押すとメインスピーカーから音が出力されます。

エフェクトセクションの解説はここまでですね。

軽くリバーブとかをかけておくと気持ちよく練習できそうですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top