アルペジオのやり方初級編

今日はアルペジオのやり方を解説しましょう。

アルペジオとはどういったものなのかというところはこちらの記事をご覧ください。

アルペジオとは

今日はこのアルペジオをギターでするときにどう演奏するのか書いていきましょう。

まず、アルペジオは指で弾きます。
ピックで弾く方法もあるのですが、難しいので最初は指からチャレンジするのがおすすめです。

親指、人差し指、中指、薬指の4本を使います。
それぞれの指でどの弦を弾くのかが決まっています。

親指で6~4弦、人差し指で3弦、中指で2弦、薬指で1弦です。

 

右手のフォームをみてみましょう。

このようにセットします。
ブリッジに手首を置く方法と、小指をボディに置いて支える方法の2つがあります。

ブリッジに置く方法

小指をボディに置く方法

小指をボディに置いたほうが音色が豊かになり汎用性があるので、基本的には小指をボディに置くスタイルで演奏します。
しかし、最初は難しいので、ブリッジに手首を置く方法から練習してもいいでしょう。

左手はを押さえて、5,3,1,2弦の順で弾いてみましょう!
親指、人差し指、薬指、中指の順で弾きます。

これがアルペジオです。

 

親指は6〜4弦を鳴らすのですが、どの弦を弾くのかはコードによって変わります。
ルートが
E、F、F♯(G♭)、G、G♯(A♭)なら6弦
A、A♯(B♭)、B、C、C♯(D♭)なら5弦
D、D♯(E♭)なら4弦を弾きます。

ただ、コードを押さえるスタイルによって変わってくるので、必ずこうなるとは限りませんが。

そのへんはまた解説していけたらと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top