ストラップのつけ方

今日はストラップのつけ方について解説しようと思います。

ストラップは立って演奏するときの肩ベルトですね。

基本的にはストラップピンに接続します。

エレキギター、ベースの場合はボディの一番うしろボディの上側のツノ部分についています。

アコギの場合はストラップピンはボディの一番後ろのみついているモデルとボディとネックの接合部付近にもピンがついているモデルがあります。

 

ストラップの両端には切り目の入った穴があいているので、グイッとストラップピンに押し込みます。

新品のストラップの場合けっこう固いのでストラップをつけようとした拍子にギターをどこかにぶつけてしまうので注意しましょう。

逆に古いストラップの場合、抜けやすいので演奏中にノッてきて動きすぎたらストラップが外れるってこともあるので注意しましょう(笑)

ちなみにストラップがとれないようにするパーツも売られています。
こういったものをつけておくとストラップが外れにくくなりますね。

 

アコギの場合はヘッド側のピンは上の写真の部分についている場合や、赤丸の部分についている場合も多いですね。

 

しかし、ヘッド側にピンが無いモデルも多いです。
そういう場合はヘッドに紐を通して結びます。

ヘッドのナット寄りの部分に紐を通します。
必ず弦の下に通してください。

結び方は特に決まっていないので、固結びか蝶々結びかなんでも大丈夫です。
解けないようにしておきましょう。

立って弾くと座って弾くより難しいですが、ぜひチャレンジしてみましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top