スタジオのギタースタンド紹介

スタジオには2種類のギタースタンドを用意しています。
たかがギタースタンドなんですが、あんまり見たことないスタンドかもしれないので紹介したいと思います。

今まであったスタンドはこちら。

最も一般的なスタンドですね。
ボディの底部分をバーで支えつつ、倒れないようにネックを支える形ですね。
私もずっとこの形を使っていました。

安定感があって置きやすくて畳んだらコンパクトなのでいい感じですよね。
家に置くにはおすすめのスタンドです。

ボディの底を支えるバーが反対を向いていないか注意しましょう。
反対を向いているとギターが滑り落ちてしまいますので。

 

もう一つ用意しているスタンドはこちらです。
ちょっと大きいスタンドですね。

こちらはネックを引っ掛けて吊るすタイプのスタンドです。
ネックのくびれ部分に負荷がかかって吊るす形ですね。

ボディの下はスタンドの足にあたって支えられます。

一般的にはこっちのスタンドのほうがギターに優しいと言われています。
底から支えるタイプは少しだけネックに順反り方向(弦側に起き上がる方向)の力が加わってしまいます。
そういう力が働くとネックが反りやすくなるんですよね。

なので吊るした方がネックへの負担が少ないらしいです。

ただ、そんなに変わらないと思うんですが(笑)

 

どちらでも使いやすい方のスタンドをご使用ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top