ギターレビュー オベーション パート2

昨日に続いてオベーションのレビューをしましょう。
というか昨日はレビューまでたどり着かなかったですからね(笑)

まずはギターの音から。

文章で伝えるのはなかなか難しいんですが、生音は正直そんなに良くないです(笑)
あくまで個人的な感想ですが。

買う前にもいろいろレビューを調べたりしたんですが、そこでもオベーションの生音は期待しないほうがいいって書いてあったので、そのとおりだったなという感じです。

良くないって書いてますが、他に持っている1万円のギターに比べると良いですよ(笑)
低音から高音までしっかり鳴っている感じはします。

ただ、他のメーカーなら6万出せばもうちょっと生音の良いギターが買えるんじゃないかな〜という感じですね。
なので生音にこだわる人や、生音で使う人にはおすすめしません
あくまでエレアコとして利用する目的の人におすすめする感じですね。

その肝心のエレアコの音ですが、あんまりよくわかりません(笑)
というのも買って以降セッションとかで弾く機会が無かったもので…
あと、初めて買ったエレアコなので比較対象がないんですよね(笑)

強いて言うなら、ちょっとエレキっぽい音ですね。
エフェクトのかけ方によってはかなりエレキっぽい音になります。

近日中に公開予定のキセキのイントロはオベーションのライン入力で録っています。

 

ボディの側面にはイコライザーなどを調節するパネルがついています。
ちなみに左にある四角い部分は電池入れです。

ここにチューナーもついているんですが、正直使いにくいんですよね…
精度はけっこう高いので慣れればかなり使えると思うんですが、矢印で高いか低いかを示すタイプなので、どれだけピッチを上げたらいいのかというのがわかりにくいんですよね。

良くないところついでにもう一つ言うとチューニングペグの精度が低いです。
遊びがけっこう多いのと回すのがちょっと硬いんですよね。
カクカクッと回るような感じですね。

1万円のギターでもスルスル回るので、これはハズレを引いてしまった感がありますね(笑)

 

ボディの形状は普通のアコギとは違って丸みを帯びています。

座って弾くときには安定しにくいですが、立って弾くときには体にフィットしますね。
この形状はけっこう気に入っています。

カッタウェイも本当は無しがよかったんですが、結果的にはカッタウェイありでよかったですね(笑)
キセキのレコーディングで早速ハイポジションを使いましたので(笑)

 

良くなかったところをいくつか書きましたが、買って損したとはちっとも思っていません。
いい買い物だったと思っています。

私が楽器選びで重要視するのは「いかにテンションをあげてくれるか」なんです(笑)
もちろん音も重要ですが、いくら音が良くてもデザインが気に入らなかったらいい買い物だとは言えないと思うんですよね。

憧れの楽器を持つことで練習のモチベーションも上がりますし、いろんなところで弾いてやろう!って気持ちになるんですよね。
これが「いかにテンションをあげてくれるか」ということです(笑)

そういう意味ではめちゃめちゃ満足しています。
このギターを買ってからアコギの練習量はめちゃめちゃ増えましたので(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top