ギターメーカー紹介 Gibson

Gibson(ギブソン)という名前のメーカーを聞いたことはありますか?
ギターをやっている人なら一度は聞いたことがあるでしょう。

超有名なメーカーですね。
以前にフェンダーを紹介しましたが、フェンダーと並んで紹介されることが多いアメリカの一流メーカーです。

フェンダーはエレキギター、エレキベース、ギターアンプが強いと紹介しました。

ギブソンはエレキギターとアコースティックギターに強みがあります。
ベースも販売しているのですが、あんまり聞かないですね。

ギブソンはフェンダーとはぜんぜん違う形状のギターを開発しています。
一番有名なのはレスポールでしょう。

1950年代に開発された形状なのですが、レトロな見た目で今でも非常に人気のある形状です。
ピックアップはハムバッカーと言って音が太く、ノイズに強いのが特徴です。
ボディが分厚くてデカイので重たいのがちょっとネックですね(笑)

ちなみに写真のギターはギブソンの廉価ブランドエピフォンのギターです。
ギブソンは持ってないんですよね、勘弁してください(笑)

 

SGタイプも有名です。
レスポールと同じで基本的にはハムバッカーピックアップが搭載されています。
レスポールに比べてネックとボディの接合位置がハイフレットになっているので、ハイフレットでの演奏性がかなり向上しています。
ただその分ヘッドが重くなってしまい、人によってはバランスが悪くて弾きにくいと感じます。

(これもギブソンではありません。SGタイプのギターです)

持つ人によっていかつく見えたり、可愛く見えたり、いろんな人に人気のある形状ですね。

 

他にもこんな形があります。

gibson

引用元:エレキギター博士

左からレスポール・レスポール・SG・ファイヤーバードエクスプローラーフライングVです。
どれも有名な形ですね。

 

アコースティックギターも有名です。

J-45J-200など定番機種がいくつかあります。
一般的にギブソンらしいと言われる図太い音が特徴です。
私は楽器屋さんでちょっと試奏したことしか無いので、詳しくはわかりませんが。

アコギメーカーとしてはマーチンと並んで有名ですね。

いつかギブソンも欲しいなぁ
高くて買えない(笑)

トップ画像引用元:Gibson

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top