ギター教室初日の流れ

今日はギター教室1日目には何をするのか(何をしたのか)紹介したいと思います。

初回のレッスンと2回目のレッスンは1回2時間となっております。
今回は未経験の方が入会された場合の流れを書きたいと思います。

1.入会手続き、コースの確認等

最初からそんな話かいというところなんですが、事務的な手続きは必要なんですよね(笑)

ホームページから申し込みいただいた方は不要ですが、お電話等で申し込みいただいた方は入会申込書を記入していただきます。
その後コースの確認など事務的な作業をちょっとだけさせていただきます。

2.購入するおすすめギターの紹介

最近の受講者さんはギターを持ってこられる方もいらっしゃるんですが、まったくの初心者の方は何を買っていいかわからないですよね(笑)

なので最初におすすめの初心者セットを紹介させていただいております。
アコースティックギターには「フォークタイプ」「ドレッドノートタイプ」「ミニギター」の3種類があるので、この時に触っていただいてどのタイプにするか一緒に決めていきます。

3.備品の説明

ギターって意外に備品がたくさんいるんですよね。

ピックとかチューナーとかカポタストとか。
そのへんの備品がどれなのか、どう使うのかを簡単にレクチャーいたします。

このときの解説は簡単にしております。
ご自身のギターを買われた後、実際に備品を見ながら再度説明させていただく予定です。

4.ギターの名称の説明

弦の数え方(太い方から6弦)、フレット、サウンドホールなどギターの部品の名称を説明します。
レッスンをすすめるうえで部品の名称はけっこうよく使うので早いうちに解説しています。

5.練習曲の確認

受講者さんの希望がある場合は希望の曲を練習曲にしています。
希望がない場合はこちらで用意したラインナップから練習曲を選んでいただきます。

6.チューニング

練習する前にはチューニングをしないといけないですよね。
最初は回すペグを間違えたり、回す方向を間違えたりする方が多いので重点的にレッスンいたします。

7.構え方、ピックの持ち方

簡単にギターの持ち方、ピックの持ち方をレクチャーいたします。
初回は簡単な説明にとどめています。
2回目のレッスン時に正しい構え方をレクチャーする予定です。

8.コード練習

さあ、いよいよお待ちかねの演奏タイムです(笑)

練習曲に出てくる最初のコードを押さえる練習です。
初回には基本コードを2つぐらいレクチャーしています。

 

どうでしたか?
だいたい1〜5で1時間、6〜8で1時間ぐらいですね。
最初は座学的な部分が多くなってしまうんですが、仕方ないですね。

場合によってはストロークの練習をちょっとだけするときもあります。

ギター所有の有無や経験の有無などによって若干違いはありますが、初回のレッスンはこんな感じです。

よかったら参考にしてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top