ギターは正しい状態ですか?

ギターの状態はチェックしていますか?

弦が錆びていないかとかピックが減っていないかとか。

まあ、私もおろそかにしちゃうたちなんですけどね(笑)

今日この記事を見た人はチェックしておきましょう。

まず、弦は錆びていませんか?
常に光沢があるキラキラの状態を保たないといけないとまでは言いませんが、たまには交換しましょう。

プレーン弦(基本はアコギの1,2弦、エレキの1〜3弦)を触ってザラザラしていたらアウトです。
そうなるちょっと前ぐらいに替えたいですね。

全体的に黒くなってきたら替えましょう。

 

ピックは減ってないですか?
プレースタイルによりますが、1ミリ以上削れてきたら交換時です。
オニギリ型を使っている人は1枚で3箇所使えるのでオトクですね(笑)

 

ネックに反りはないですか?

6弦の1フレットとボディとのジョイント付近のフレットを押さえて、中間時点ぐらいのフレットとの隙間が0.5ミリぐらいになっていますか?

狭すぎても広すぎても良くないです。

 

音がビビるフレットはないですか?

ちゃんと押さえてるのに音がビビるフレットはないですか?
あったならネックと反りや弦高を調整しないといけません。

 

ぜひチェックしてみましょう。
ギターのメンテナンスや弦交換はレッスンできるので、必要な方は言ってくださいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top