ギターアンプはベースで使えるのか

ギターアンプはベースでも使えるのでしょうか。
また、ベースアンプでギターは使えるのでしょうか。

結論から書くと音は鳴りますが、基本的には使えません。

それぞれのアンプはそれぞれの楽器でいい音が鳴るように最適化されています。
ベースアンプはギターアンプに比べて低音域がしっかり再生されるようになっていたり、ギターアンプはベースアンプに比べて音が歪みやすかったり。

なので、前からギターとギターアンプはもっているけど、新しくベースも始めようと思っている人はベースの他にベースアンプも買ったほうがいいでしょう。

練習においてもある程度いい音で練習することは大切ですので。

 

ただ、例外もあります。
当スタジオでベースレッスンをしているときに、私がベースを鳴らしているアンプはギターアンプです(笑)
ただ、私の使っているギターアンプはデジタル仕様なので、ベースでもそこそこの音を鳴らすことができます。

他にも変態的なサウンドを追求するならギターアンプにベースをつないだりするのもありかもしれません。
積極的な音作りとしてですね。

ただしこれは例外的な使い方です。
初心者のうちは考える必要は無いでしょう。

 

強いて言うなら若干ベースアンプの方が汎用性が高いです。
ギターアンプはちょっとゲインを上げるとけっこう歪むので、ギター以外で使えるものはほとんど無いでしょう。

ベースアンプの場合、出力が高い機器をインプットに接続しても歪みにくいので、普通のリスニングとかモニターとかにも使えます

ドラムレッスンで私が叩いている電子ドラムはベースアンプから音を鳴らしていますし、少し前までギターレッスンなどで曲を流していたのはベースアンプです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top