ドラムのグリップの種類

今日はドラムにおけるグリップの種類を解説しようと思います。
スティックの持ち方ですね。

まずマッチドグリップトラディショナルグリップ(レギュラーグリップ)2種類に分かれます。

マッチドグリップはこのように左右で同じ持ち方です。

トラディショナルグリップは左手だけペンを持つような感じで持つタイプですね。
ジャズドラマーにはこのスタイルが多いですね。

 

一般的にはマッチドグリップのほうがパワーが出てトラディショナルグリップのほうが繊細なタッチが表現できる・・・とか言われます。
しかし、これはそれぞれのグリップを練習し始めた最初の話だと思っていただくといいと思います。

トラディショナルグリップでもパワーは出ますし、マッチドグリップでも繊細なタッチは表現できます
どっちのグリップでも最終的にできることにそんなに差は無いと私は思っています。

 

マッチドグリップはさらに3種類に細分化されます。

ジャーマングリップ、アメリカングリップ、フレンチグリップですね。

それぞれ手のうち中でどの部位が上にくるかによって分かれます。

ジャーマングリップ手の甲が上になります。
ストロークが安定するので小さい音が出しやすくなりますね。

 

フレンチグリップ親指が上にくるスタイルです。
指の可動域が多くなるのでフィンガリングを使ったストロークがしやすくなります。
腕の重量を打面に伝えるのにも有効なグリップです。

 

アメリカングリップはジャーマングリップとフレンチグリップの間という感じでしょう。
親指と人差し指の間の部分が上にきます。

ジャーマングリップとフレンチグリップのいいところを合わせたグリップで、初心者にはオススメのグリップだとよく言われますね。

 

とまあここまでつらつらと書いてきたんですが、ぶっちゃけあんまり種類分けしないほうがいいんじゃないかなってのが私の考えです(笑)
マッチドグリップとトラディショナルグリップは誰がどう見ても明確に違うので種類分けできますが、その後の3つに関してはそこまで厳密に分ける必要は無いと思います。

ジャーマングリップとアメリカングリップの間みたいなグリップも存在しますし、ドラムセットを叩く中でグリップは流動的に変わってきますし。
それこそ手のひらが上にくるグリップだってありますからね。

なので、3つのグリップについては厳密に分かれているというより、説明するときに名前があったほうが便利だよねってぐらいに捉えるのがいいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top