アコースティックもいい?「Tonight Alive」

今日は昨日の記事の続きを書きたいと思います。

昨日はあれで完結にするつもりでもいたんですが、どうしても書きたいことがありまして。

昨日ご紹介したTonight Aliveのアルバム「What Are You So Scared Of?」ですが、アコースティックバージョンが数曲入ってるんですよね。

1つのアルバムの中に通常版とアコースティックバージョンの2つがあるということです。

では聴いていただきましょう。
「Thank You And Goodnight」です。

どうして今日これを紹介したのかというと、自分がこのバンドにハマるきっかけになったのがこの曲だからです。

ボーカルの歌声が力強くて素晴らしいのはもちろん、ギターがいいんですよね。

出だしからアコギをバリバリと鳴らしていますよね。
上手いかどうかという観点でこのギターを聴くとそんなに上手くないかもしれません。

ダイナミクス幅も狭いですし、バキバキ弾きすぎです。

曲にもよりますが、ギター教室の受講者さんがこの演奏をしだしたら「もうちょっと優しく弾きましょう」ってたぶんいいます(笑)

ギターのサウンド自体もそんなに良くないです。
空気感の少ない薄い音色ですね。

安いギターを使ったのか、わざわざピックアップを通して録ったのか。

まあ、一般的に美しいとは言い難い音色でしょう。

 

しかし、このギターの魅力はそこではありません。

アコギ1本でロックになっていることが最対の魅力です。
昨日も何回か話に出てきたロックの荒々しさが表現できていると思いませんか?

力強くてロックしてると思います。

これがなかなかできないんですよね。
本当に素晴らしいと思います。

 

また、実は前半と後半で音が変わるんですよね。
最初は意図的に1弦あたりを慣らしていないのかな?ちょっとこもった和音なのに対し、後半はちょっときらびやかな和音になっています。
よかったら聴き比べてみてください。

 

最初にこの曲のアコースティックバージョンを聴いた時に完全にノックアウトされましたね。
本当にいい曲です。

トップ画像引用元:Amazon

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top