マリーゴールドの良かったところ

昨日はわりと悪かった話で終わってしまいました。
今日は良かったところを中心にお話してみようと思います。

まずいちばん良かったことは曲として成立したところでしょう。
まだ楽器を初めて1年ぐらいの方が集まって、初めてのレコーディングで、私もこんなにたくさんの楽器をレコーディングしたのは初めてで、という状況で形になったことは何よりよかったです。

なかなか冒険した企画だったなと今になって思います。

それでもしっかりとした形ができたのはみなさんがしっかり練習しておられたおかげです。

パートが揃ったのも良かったですね。
ドラム教室はオープンしたばかりだったのですが、レコーディングに参加いただけました。

他の方もなかなか急な企画だったのですが、しっかり練習していただけてよかったです。

 

なかなかレコーディングをするっていう経験はできないと思います。
私も誰かにレコーディングしてもらったことはありませんので(笑)

そういったことを多くの人に経験していただけたこともよかったと思います。
ライブならまだしも、レコーディングを気軽に経験できるところってあんまり無いですし。

そこそこ本格的なレコーディングだったと思っていただけるといいと思います。
特にアコギやボーカルなんかは今回やったようにヘッドホンで音源やクリックを聞きながら録ることが多いでしょう。
そういった経験をしていただけたことが何よりよかったと思います。

今回ご参加いただいた方は、レコーディングがどういう感じなのかわかっていただけたと思います。
次にむけてイメージトレーニングしていただけるといいかと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top