フレット交換はどういったときにするのか

今日はどういったときにフレット交換が必要なのか書いていきたいと思います。
ぶっちゃけそんなにすることは無いのですが(笑)

大きくは2通り、フレットが消耗した場合背の高いフレットにしたい場合でしょう。

フレットは消耗品なので、弾いているとだんだん弦とぶつかるところがすり減ってきていずれ使えなくなります。
実際には減ってきたらすり合わせて、また減ったらすり合わせてを繰り返して、フレットの高さが低くなりすぎたら交換という感じですね。
まあ、毎日練習してもすり合わせが必要になるには数年かかりますし、それを繰り返してやっとフレット交換なので、寿命は10年単位でしょう。

当教室に受講される方では昔に家族が使っていた古いギターを復活させるときには必要があるかもしれませんね。
まあ、それほど古いギターなら新しいギターを買ったほうがいいかもしれませんが。

 

次に背の高いフレットに交換したい場合について解説しましょう。
どちらかと言うとこちらが今回のサービスのメインになるでしょう。
昔の記事でも書いていたのですが、コードを押さえたときに爪が指板にあたって押さえにくいという人は検討する価値がありそうです。
Cコードの人差し指が指板に爪があたってしまう人は背が高いジャンボフレットに変えるとあたりにくくなります。

ちょうど先日フレット交換したギターがあるので、試してみたい人はお声がけください。
レンタルすることもできるので。

こちらの記事もにも詳しく書いてあるので、ご覧ください。

アコギをジャンボフレットに改造計画!

そこそこ高い買い物になると思いますので、ご希望の方は一度ご相談いただければと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top