リバウンドを感じる

スティックで打面を叩くとどんな打面でも多少はリバウンドがあります
セットドラミングのときはそのリバウンドを感じることが大切です。

 

よく叩いたときにスティックを押し付けるようにしてしまう方が多いです。
押し付けるとスティックが打面に当たっている時間が長くなったり、ひどくなるとスティックが打面に複数回当たったりしてしまいます。
そうすると打面の自然な振動を妨げてしまって音が詰ってしまいます。
また、素早く叩くことができなかったり、タイミングが微妙にずれてしまう原因にもなりますね。

 

そこで重要になってくるのがリバウンドを感じるということです。

リバウンドというとリバウンドコントロール練習を思い浮かべますが、それも関係してきます。
必ず人差し指で支点を作ってフィンガーコントロール奏法で演奏する必要はありません。

普通にスティックを握っていてもリバウンドを感じることができます。
そのリバウンドを感じることが大切という事ですね。

まあ、そのリバウンドを感じるにもリバウンドコントロール練習が有効だったりするのですが(笑)

しっかりリバウンドを感じることができると打面が自然に振動し、いい音が鳴ります。

特にハイハットやタムを叩くときに押し付けるようになりやすいので、注意してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top