家族バンドの演奏について

以前にも少し書きましたが、昨日アップした家族バンドの演奏面を振り返ってみたいと思います。

パートは私がベース、兄がドラム、父がエレキギター、ボーカル、母がアコギです。
例のごとく私以外は初心者なのですが、兄のドラムは昔にちょっとだけやったことがあるんですよね。

以前にも書きましたが、私も最初にベースで弾いた曲がこれです。
そこそこ難しい曲なのですが、当時はよく弾いていたなって思います。
まあ、今より簡単バージョンではありましたが。

今回は最初に合わせて練習したのが一ヶ月前ぐらいだったのですが、滑り出しは一番悪かったですね(笑)
最初の練習はかなり悲惨でした。
とりあえず通して演奏はできるのもの、リズムは合わないし、ミスはポロポロ出るしみたいな(笑)

そのときは今回はマジでやばいんじゃないかと思いましたが、まあまあそこそこにまとまったんじゃないかと思います。

 

では家族のコメントを紹介しましょう。


この曲は私が高校生の時に、遊びでドラムをやっていた時に演奏した思い出の曲です笑
10年ぶりくらいですが、なんとなく覚えていました。
自分の中ではうまく演奏できた気がしましたが、映像を見てみると初心者丸出しですね笑


余計な芽を間引くことで良質な野菜が育ちます。
それと同じで余計な音符やコードを間引くことで良質な演奏になり、名付けて「間引き演奏」です!
・・・実際は、元が悪質なので良質にはなりませんでした…


練習でも何回かに1回は出だし空振りしちゃうんですよね〜😅
それがなければ、まあまあじゃないでしょうか!
先生からみれば「どこがじゃ〜!!」と言われそうですが…🤗

 

次回は浜省の新曲「この新しい朝に」を演奏予定です。
がんばります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top