毎日練習する、こまめに練習する

今日は練習のコツというか、上達しやすい練習方法の一つを紹介します。

それは毎日練習するということです。

まあ、当たり前っちゃ当たり前なんですが、意外と難しいですよね。

ただ、重要なポイントなのでぜひ押さえてください。

楽器の演奏というのは、ある程度練習時間が物を言います。
演奏する上でポイントやコツみたいなものはありますし、レッスンの時にはできるだけ多くのことをお伝えしています。

教則本やネットでもいろんな情報があるので、実践している方も多いでしょう。

ただ、どれだけ素晴らしい奏法の勉強をしても、練習時間がとれないと上達しません。

なぜなら楽器の演奏は慣れが大部分を占めているからです。
体に演奏を覚えさせる必要があるからです。

そのために重要なのが毎日練習するということです。

ギターにしろベースにしろドラムにしろ演奏する感覚を維持するには毎日練習必要があります。
1日練習しない日があるとすこし腕が後退すると言っても過言ではありません。

そりゃ1周間に1回の練習か毎日の練習かどっちが上達するかって言うと毎日ですよね(笑)

なので私はよく「3日に1回30分の練習より毎日10分の練習」と言っています。

おなじ練習時間ですが、上達度合いは全然違ってきます。
いままでこまめに練習していなかった人は騙されたと思って毎日練習してみましょう。
効果を実感していただけると思います。

 

とわいえ、なかなか難しいですよね。
特に社会人の方は毎日固定の練習時間を取るというのが難しいと思います。

どうしても練習の間隔があいてしまいがちになりますが、できるだけこまめに楽器に触るようにしましょう。

 

私も練習しない日があったりするので、自分への戒めの意味も含めて記事にしてみました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top