エレキ用ピック、アコギ用ピック

ピックにはいろんな種類があります。
楽器屋さんに見に行ってもたくさんありすぎて何を買ったらいいかわかんないですよね(笑)

そこで気になるのがアコギ用のピックはどれかエレキ用のピックはどれかみたいなことですよね。

今日はそのへんについて解説しましょう。

まず基本的にエレキ用とかアコギ用とかベース用とか決まった用途のピックはほとんど存在しません。
基本的にはどのピックをどの楽器に使用しても問題ありません。

エレキ用、アコギ用ではなくどういった奏法に向いているのかによって形は変わってきますね。

一般的にトライアングル型(オニギリ型)ストロークに、ティアドロップ型単音ピッキングに、ジャズピック速弾きに向いていると言われます。

左からトライアングル、ティアドロップ、ジャズピック

 

そうなるとおのずとアコギならトライアングルが向いていて、エレキはどっちかと言えばティアドロップみたいな感じになりますね。

なので楽器でピックがわかれるのではなく、奏法で別れたあと楽器ごとに奏法にかたよりがあるのでピックの形も決まってくるみたいな感じですね。

 

ただ、どのピックでも全ての演奏が可能です。
ティアドロップでストロークもできますし、トライアングルで単音弾きもできます。
そっちのほうがやりやすいという人もいるでしょう。

また、トライアングルの方がストロークしやすいけどティアドロップでストロークしたときの音が欲しいってときもあるでしょう。
そういうときは音を優先して使いにくいピックを使うかもしれません。

このように使い方もいろいろあります。

最初に書いたのはあくまでも一般論ということで。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top