エレキギターの種類とは?

以前にレンタルエレキギターについて書きました。
そのときにギターの種類名をいくつか書いたのですが、そもそも種類とはどういったものがあってどういったわけ方になっているのか解説しようと思います。

まず、種類ですが主なところだけで「ストラトキャスター」「テレキャスター」「レスポール」「SG」などなどたくさんあります。

基本的に種類は形で分かれると思っていただくといいと思います。
例えばこの写真で言うと、からストラトキャスター、テレキャスター、レスポール、SGとなっています。

それぞれボディの形が違いますよね。
基本的にはこのようにボディの形で種類がわかれます。

他には「ジャズマスター」「ジャガー」「フルアコースティックギター」「セミアコースティックギター」などなどたくさんあります。

 

ただ、ピックアップの配列や電装系の配線でタイプが分かれる場合もありますね。
トレモロの仕様とかでもわかれますね。

例えばジャズマスターとジャガーは形はほとんど変わりませんが、ピックアップ配列や電装系が違います。

興味のある人はいろいろ探してみても面白いかもしれませんね。

 

種類が違うと音が違いますし、弾き心地も変わってきます。
ピックアップが変われば音は変わりますし、ボディの材質、大きさでも音が変わります。

種類が違うとネックの長さや太さが違うので弾き心地もかなり変わってきます。

もし、新しいギターを買おうと思っている人は楽器屋さんでいろいろ弾き比べてみても面白いかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top