エレキギターの魅力って何?

先日、アコースティックギターの魅力について解説しました。

今日はエレキギターの魅力について書いてみたいと思います。
同じギターの仲間で、チューニングや指板上の音の位置は同じなのですが、魅力はまた違ったところにあるので面白いです。

 

1.オールジャンルで使える

エレキギターは非常に多彩なジャンルで使用されます
EDM系以外のポピュラー音楽には必ずと言っていいほどエレキギターが使用されていますね。

ロックやポップスはもちろん、ジャズとかブルースとかでもエレキギターはめっちゃ使いますし。
非常に対応幅が広い楽器だと言えるでしょう。

2.いろんな音色が出せる

エレキギターをやっていない人からすると想像がつかないぐらいいろんな音色が出せます
エレキギター自体は単純な構造の楽器なのですが、アンプやエフェクターなどで音色をさまざまに加工できます。
電気的に音色を加工できるのでいろんな音が出せるんですよね。
そうやっていろんな音色づくりをするのもエレキギターの醍醐味と言っていいでしょう。

また代表的な音をまた紹介する記事でも書きたいと思います。

3.楽器いじりが楽しい

ちょっとマニアックな話になりますが、エレキギターは自力でバンバン改造できるという面白さがあります。

普通楽器ってそんなに改造できないイメージですよね。
俺のトランペットには4つ目のピストンをつけてやってぜ〜って人はいないですよね(笑)
普通は改造できませんし、楽器の形や構造は楽器ごとにそろっています。

しかし、エレキギターは簡単に改造することができるんですよね。
ピックアップを交換したり、ボリュームポットなどの電気系統を変えたり。
ハンダが使える人ならいくらでも交換できます。

気を削って形を変えたり、塗装をやり直したりということもできますね。

そういった改造、メンテナンスなんかも楽しみの一つですね。

 

最後はちょっと違う話になりましたが、いろんなジャンルで使用できて奥の深い楽器なのでオススメです。
ギターが弾けるってだけでもカッコいいですしね(笑)
ロックと言えばエレキギターってところもあるでしょうし。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top