DTM機材を紹介!パート2

めっちゃ昔にDTM機材の紹介をしました。
ブログを書き始めて間もないころだったので、覚えている人は少ないでしょう(笑)

今日はその時より増えた機材などがあるので、紹介してみたいと思います。

以前の記事はこちら

DTM機材を紹介!

 

まず、オーディオインターフェイスが変わりました。
前まではPreSonus「AudioBox」を使っていましたが、今はYAMAHA「AG06」を使っています。

オンラインレッスン用に買った配信用ミキサーなのですが、オーディオインターフェイスとしてもそこそこ優秀です。
AudioBoxではけっこうノイズが気になったのですが、AG06ならかなりノイズが減りました。

ハイインピーダンス入力もついているので、ギターやベースも直接入力できます。

 

モニタースピーカーはMACKIE「CR3」をつかっています。
サウンドハウスでモニタースピーカーを検索すると上の方に出てくるので、そこそこ有名なやつだと思います。

DAWソフトはStudioOneを前から使っているのですが、最初はArtistといって中間クラスのバージョンを使っていましたが、今はStudioOneの中でも最上位のProfessionalを使っています。

機能が増えて使いやすくなりましたね。

この機材でミキシングをどんどん進めたいと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top