ドラムの掃除

ドラムセットを持っている皆さん。
ドラムセット持ってる人なんてほとんどいないか(笑)
ちゃんと掃除してますか?

けっこう複雑な形をしているので、こまめに掃除しないとホコリだらけになってしまいます。

昨日はスタジオが空いていて時間があったので、掃除をしました。

 

まず、バスドラムの上はけっこうホコリが溜まりやすいです。
普段は触ったりしない場所ですからね。

基本的に水拭きはよくありません。
乾拭きしましょう。

まあ、大昔から押し入れに眠っているドラムセットを復活させようとかってなると話は別かもしれませんが(笑)
日常のメンテナンスでは乾拭きでOKですね。

 

あとしっかり拭いておきたいのはフープやラグなどの金属パーツですね。
ほっておくとだんだんくすんできて、ひどくなると錆びてきます。

こまめに乾拭きをして汚れを落としておく必要があります。

ちょっとわかりにくい写真ですが、こんな感じでくすんでいるのを

拭くとピカピカになります。

 

シンバルもこまめに磨いておく必要があります。
シンバルは専用のクリーナーや研磨剤があり、そういうものを使用するとピカピカになるのですが、日常的には乾拭きで十分でしょう。

ここまでの乾拭きは柔らかい布でやりましょう。
硬い布だと逆に塗装などを傷つけてしまう恐れがあります。

私はシンバル用のクロスを使っています。

もっと本格的なメンテナンスなら、チューニングボルトを抜いてグリスを塗ったりとかあるのですが、それはまたこんどでいいでしょう(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top