ドラム教室に通うにはどういった練習をすればいいのか

ドラム教室の通うとして、どういった練習をすればいいのかイメージがつかないですよね。

ギターやベースならレッスンを受けるときも自宅練習のときも楽器を持って演奏しますよね。

ただ、ドラムの場合はそうはいきません。
自宅にドラムが設置できる人はほぼいないでしょう。

電子ドラムという選択肢もありますが、電子ドラムもそこそこうるさいです。
また、場所もけっこう取るので電子ドラムの設置もできない家が多いと思います。

ただ、そんな方でもドラム教室は受講可能です。

 

まず、自宅にドラムセットがなくても練習できます。

必要なものは「スティック」「練習パット」です。
スティックは普通のドラムスティックですね。
太鼓を叩く棒です。

練習パットはゴムの板などでできていることが多く、跳ね返りが良くて消音性の高い板です。

この2つさえあれば、自宅で練習ができます。

先日解説した2部構成レッスンの後半の方、「スティックコントロールの練習」はこのセットだけで完結させることができます。
また、セットドラミングの練習もスティックと練習パット+足踏みなどで練習することが可能です。

詳しい練習方法などは随時情報追加していきたいと思います。

 

また、スタジオの個人練習を利用していただければと思います。

当スタジオ含め多くのスタジオで個人練習で部屋をレンタルすることができます。

スタジオによって料金は違うのですが、概ね500円から1,000円程度で利用できます。
当スタジオの料金は近日中に公開したいと思います。

その個人練習のときに生ドラムで練習すれば十分です。

 

受講者さんが何を目指すか、どれだけ練習に時間を取れるかによりますが、週に1回ぐらいレッスンか個人練習をしていただければいいかと思います。

なので、2週間に1回レッスン、レッスンの無い週は個人練習、その他の日は自宅で練習パットみたいな感じですね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top