ドラムのいいところ

今日はドラムのいいところを紹介しましょう。
前にも似たようなことを書いた気もするのですが(笑)

ドラムのいいところをめっちゃざっくりまとめると、一番気軽にできる楽器ということです。

多くの方が「ん?」と思ったことでしょう(笑)

全然気軽そうに見えないが…みたいな(笑)

一つずつ理由を説明していきましょう。

 

まず第一にお金がかからないということが挙げられます。
ドラムはめっちゃ安くできます。

ギターやベースなら楽器を買わないといけないので、安くても1万円ぐらいはするでしょう。
ライブをやることになってエフェクターに凝ったりしたら、数万円はかかっちゃいます。

しかし、ドラムはスティックと練習パットのみでできるので、4000円ぐらいあったら始められます。
もちろん、自分のスネアドラムとかキックペダルとか持ってる人も多いんですが、レンタルでも十分に足りるのでライブに出るのもスティックだけでOKです。

めっちゃ手軽ですよね。

また、スタジオ練習とかのときの荷物も少ないです。
自分のドラムセットを持ってる人は別ですが(笑)

 

次に習得がめっちゃ早いです。

ギターやベースに比べて1曲弾けるまでが簡単なので、すぐにアンサンブルができるんですよね。

それってめっちゃオトクじゃないですか(笑)
すぐにみんなと合わせて演奏できるって。
ぶっちゃけギターは最初の1曲弾けるまでがけっこう長いです(笑)

 

最後に応用が効きやすいということが挙げられます。
数種類のリズムパターンとフィルインを覚えたら、色んな曲が叩けるようになるんですよね。

まあ、ギターでもコードを覚えたら共通だったりはするのですが、ギターソロやリフは曲ごとに違うので覚え直さないといけません。

その点、曲が違っても似たようなリズムが使われていることが多いドラムは色んな曲に手を出しやすいです。

 

まあ、そんな感じで実はめっちゃ気軽にできるドラムをできるだけ多くの人に知ってもらいたいですね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top