ダブルストローク奏法のやり方?

今日はドラミングテクニックの一つであるダブルストローク奏法について書きたいと思います。

ドラマーなら一度は悩んだことがあるでしょう
ダブルストロークってどうやるのが正解なの?って(笑)

私もかなり悩み、考えました。
ダブルストロークで検索すると、情報はめちゃめちゃたくさん出てくるんですけどね。

ドラム講師の方が記事を書いていたり、教則動画を公開していたりします。

厄介なのが、言っていることがみんなバラバラなんですよね(笑)
検索したことが無い方は一度検索してみてください。

とにかくいろんなやり方が出てきます。

打面のリバウンドを活用してダダッと1ストロークで2回叩く奏法だとか、
手首でストロークして1打叩いた後に指を開き、開いた指を閉じて2打目だとか、
前腕の回転を利用するだとか、
そもそもリバウンドのない打面でできない方法はダブルストロークじゃないだとか…

いまパッと思いついただけでもこれだけあります。
探せばもっと出てくると思います(笑)

そのたくさんの情報を総合して考えた結果、私がたどり着いた答え

ダブルストロークに決まったやり方は存在しない

ということです。

ん?
やり方が無いならどうするの?というところでしょう(笑)

ダブルストロークというのは一つの奏法なんですが、確実なやり方が存在しないんですよね。
ダブルストロークというのは「同じ手で2回連続で叩く」ことです。
それ以上でもそれ以下でもありません。

要するに、同じ手で2回連続で叩けたらなんでもいいんですよね(笑)
だから、グラッドストーン系の方法モーラ−系の方法その他独自の方法などいろんな方法が考案されています。

つまり、上に書いたものはすべて正解なんですよね。
極端な話、ネットの情報も同じ手で2回叩いていたら全部正解です(笑)

ただ、ジャンル自分の求めるサウンド自分のレベルによってどれを使うか、どれを練習するかを考える必要があります。

 

明日はダブルストロークのやり方について一例を紹介したいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top