音楽理論解説 「ダイアトニックコード」

以前にコードとキーの関係性について解説しました。

今日はダイアトニックコードについて解説したいと思います。

ダイアトニックコードは前回も軽く解説しましたが、キーごとに決まっている7種類のトライアドのことです。

その7種類を考えてみましょう。

 

Cメジャースケールで考えてみます。
Cメジャースケールの構成音は「ドレミファソラシ」です。

それぞれの音をルートにしたトライアドがダイアトニックコードです。

Cをルートにすると「ド、ミ、ソ」Cメジャーコード
Dをルートにすると「レ、ファ、ラ」Dマイナーコード
Eをルートにすると「ミ、ソ、シ」Eマイナーコードになります。

それぞれ一つ飛ばしで3つの音を並べるとトライアドになります。

 

Cメジャースケールには「C、Dm、Em、F、G、Am、Bm−5」の7つのダイアトニックコードがあります。
Dメジャースケールだと「D、Em、F♯m、G、A、Bm、Cm−5」の7つですね。

それぞれのキーにつき必ず7つのダイアトニックコードあります。

そのダイアトニックコードの並びは規則的になっています。

スケールを構成する音の中で1、4、5個目に出てくるのは必ずメジャーコード
2、3、6個目に出てくるのはマイナーコード
7個目はマイナー−5コードになります。

 

その1個目、2個目と数える数字をディグリーネームと言います。
音名の階とかっていう言い方もありいろんな名前があります。

一般的にはローマ数字で「ⅠⅡⅢ」と数えます。
なので、メジャースケールのダイアトニックコードは「Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶm−5」になります。

 

これを曲に当てはめるとコードの進み方が見えてきたりするのですが、それはまた解説していきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top