ヘヴィメタルが好きじゃない人へ

※Rock Am Ring 2019の映像の配信が終了したみたいなので、動画を差し替えております。
動画の内容と文章で違いがありますが、ご了承ください。

ヘヴィメタルが好きじゃない人へ。
一度この動画を見てください。

ヘヴィメタルへの見方が変わります。

ヘヴィメタルってガチャガチャ音を鳴らしているだけに聴こえるという人、とりあえず聴いてみてください。

ミュージシャンの圧倒的なテクニック、洗練されたサウンド、考え抜かれたアレンジ、それでもってステージパフォーマンスもすごくいい!
これは本当にすごいです(笑)

なんの映像かと言うとだいぶん前のブログで紹介したことがあるんですが、アメリカのヘヴィメタルバンド「Slipknot」のライブ映像です。

もし、どうしても見た目が受け付けないという人は、目をつぶって見てください(笑)
元々は見た目じゃなくて音楽を聴いてくれ!っていう意味でマスクをかぶり始めたらしいですからね。
いい意味で裏目に出てますが。
絶対に見た目が気になるって(笑)

演奏は5:00ぐらいから始まります。

映像は1時間30分ほどあるので全部は見れないでしょう。
忙しい方は40:50からの曲と1:16:50あたりからの曲を聴いてください。
おすすめです(笑)

いかがでしたか?
冒頭にも書きましたが、かなり洗練されたサウンドだと思いませんか?

9人という人数から生まれる圧倒的に分厚いサウンドが感じられると思います。
パーカッショニストが2人もいるバンドなんてめったにないですからね。
重厚な打音、金属質な打音が特徴的です。

ちなみにステージ下手側のパーカッショニスト(名前は公表されていません)はつい最近加入したばかりです。
多分加入してから2ヶ月とかそんなもんだと思います。

めちゃめちゃ馴染んでますよね(笑)
演奏やデスボイスも馴染んでいますし、何よりもパフォーマンスが完全に馴染んでいます。

 

そして使用しているギターも面白いなって思いました。
ジェイムズ・ルート(白いマスクのギタリスト)はギターをちょこちょこ変えているんですが、テレキャスっぽいのを使ったり、ジャズマスターっぽいのを使ったりしているんですよね。
メタルでもそういうギターって使えるんだなって思いました。

また、ターンテーブルとギターなどの一般的なバンドサウンドをこれほどうまくミックスできるバンドってなかなかいないでしょう。

 

この映像はドイツのロックフェス、「Rock am Ring 2019」のライブストリーミングです。
今日の早朝ぐらいにやってたので、かなりタイムリーな映像ですね。

こんなに質のいいライブ映像をリアルタイムで見れるなんて。
時代が変わりましたね(笑)

そこそこ長い映像なんですが、作業中のBGMに1日で聴き終わってしまいました(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。