踊る!ヴァイオリニスト:Lindsey Stirling

今日は私の好きなアーティストを紹介していきたいと思います。

「Lindsey Stirling」をご存知でしょうか。
リンジー・スターリングと読みます。

少し前にハマってからよく聴くアーティストの一人です。
「踊るヴァイオリニスト」として有名ですよね。

また、トップYouTuberの一人でもあります。
チャンネル登録者はなんと1,125万人!(11/25時点)
以前「Kurt Hugo Schneider」の記事でも書きましたが、1,000万人超えは音楽系でトップクラス(トップ?)です。

みなさんお気づきでしょうか、YouTuberの話が多いですよね。
多いです。
これからも書きます。
YouTubeでいろんなMVを見るのがけっこう好きなんですよね。

ちょっとマイナーなアーティストを発見できたり、メジャーな曲の別のアレンジが聞けたりしてけっこう面白いです。
これからも似たような話題が出て来ると思います。(このアーティストのことを記事にしたい!というストックがいくつかあるので笑)

話を戻しましょう。
冒頭にも書きましたが、ヴァイオリニスト兼ダンサーです。
ヴァイオリニストが踊るんじゃ無いんです。

「踊りながらヴァイオリンを演奏」するんです。
百聞は一見にしかず、まずは動画を見ていただきましょう。

カートとコラボしたときの映像です。

[ux_video url=”https://youtu.be/4xcuKEwCDWg”]

おわかりいただけたでしょうか。
演奏するだけでも大変なのに、踊りながら(それもけっこう激しいダンス)演奏するんですよね。
1:40のあたりなんてどうなってるんでしょう(笑)
腰はそんなに後ろにまがらないでしょ(笑)

歌いながら踊る人(それでも十分すごいですが)は多くいますが、踊りながら楽器を演奏する人は彼女以外見たことがありません。

もちろん演奏もいいですよね。
ヴァイオリンは演奏したことが無いのでわかりませんが、力強くきれいな音がなっていることはわかります。
アレンジもおしゃれですよね。
ただアコースティックアレンジにするだけではなく、ベースやキーボードを適度に用いることで音の厚みを増してるんですよね。

リンジーのオリジナル曲もたくさんあります。
代表曲は脅威の1億7000万再生を誇る「Roundtable Rival」です。

[ux_video url=”https://youtu.be/jvipPYFebWc”]

リンジーを知らなくても、聴いたことある人はけっこういるんじゃないでしょうか。
テレビのBGMでもよく使われています。

さて、ここまで読んで「MVだからできるんでしょ」と思った人はいないでしょうか。
撮影とレコーディングを別でやるからできると。

そんなことはありません。
ライブでもバンバン踊ります。

[ux_video url=”https://youtu.be/GWcmksIRiBM”]

とにかくすごいですよね。
近くでコンサートやってくれないかな〜
一度行ってみたいですね。

アイキャッチ画像引用元:踊る!ヴァイオリン ユニバーサル・ミュージック・ジャパン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。