スタジオのコロナ対策

ついに全国に非常事態宣言が出されましたね。
滋賀県でも感染者が多くなってきました。

今日は当スタジオで実施しているコロナ対策を紹介したいと思います。

まず、講師がマスクをつけて対応するなどは当然ですね。

空調から紹介しましょう。

部屋の中はこんな感じになっています。
写真の手前側が受講者さんの席、奥が私の席です。

 

右の端に見える椅子が受講者さんの椅子です。
左の端に見えるのが吸気口ですね。

給気口から空気が入って1枚目の写真の換気扇から空気が出ていくので、空気が私の方から受講者さんの方に流れにくくなっています。

また、受講者さんの席の近くには空気清浄機も設置しております。

あとは私と受講者さんの間にビニールの仕切りをつける予定です。
これで少しは飛沫がマシになると思います。

また、ドアノブやアンプのつまみなど人の手が触れそうな部分はレッスンのたびに消毒しています。

少しでも感染リスクが減らせたらと思っています。

 

また、入り口にアルコール消毒を置きました。
スタジオに来られたら手を消毒してください。
帰る前も消毒してください。

 

ドラムレッスンゾーンは壁で隔離されているのですが、こちらを利用するときはエアコンを使って空気の流れを作ったり、空気清浄機を移動させたりする予定です。

今のところ具体的な休業要請までは来ていませんので、以上のような対策をして営業する予定です。

また、オンラインレッスンもオススメです。
自宅にいながらレッスンが受けられますので。

ギター、エレキ、ベースに関してはオンラインでも同じようにレッスンを受講することができます。

ドラムレッスンについては生ドラムが自宅にある方はほとんどいないと思うので、全てオンラインというわけにはいかないかもしれません。
そこはお互いに相談しながらという形になります。

このような形で万全の体制で営業を続けていく予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top