AメロとBメロ、Bメロとサビを直接つなげる練習

普通にドラムを演奏していると、Aメロ、Bメロ、サビでそれぞれ違うリズムを叩くことが多いと思います。
また、それぞれのフレーズの間にはフィルインがありますよね。

すると、普通に曲の頭から演奏していくとAメロのリズムとBメロのリズム、サビのリズムがごっちゃになってしまうことってありませんか?(笑)

Aメロのリズムを叩いた後にサビをやろうとすると一瞬サビってどんなリズムだったっけ?みたいな感じになってしまうことが。
一つ前に練習していた内容に釣られてしまうんですよね(笑)

 

そこで重要なのがAメロとBメロ、Bメロとサビなどを直接つなげる練習です。
曲の小節数に関わらず、Aメロを4小節、Bメロを4小節みたいな感じでつなぐ練習ですね。
フィルインも飛ばしてリズムパターンを直接つなげる練習です。

最初は一旦ストップして練習するのもありですが、できればテンポを止めずに練習できるといいでしょう。
メトロノームをつけるとなおよしという感じですね。

 

Aメロ4小節、Bメロ4小節、サビ4小節を叩いたら、戻ってきてぐるぐると何周も叩けるといいと思います。
それぞれのリズムを体で覚えるようにするのもポイントですね。

そうやっていろんなリズムを組み合わせながらどんなリズムが出てきてもサッと対応できるようになれるといいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top