家族バンド演奏の解説、家族のコメント

今日は昨日の続きで家族バンドについて解説したいと思います。

今回もけっこう楽器をチェンジしてやりました。
母はドラム初挑戦でしたし、父もレコーディングでアコギを弾くのは初めてでしたし。

私はレスポールで弾きましたが、わりと久しぶりの活躍だったように思います。
最近は弾きやすいストラトばっかり使ってたので(笑)

座って弾くときはボディ側が重すぎて弾きにくいのですが、立って弾くにはその重量で安定して弾きやすかったですね。
ストラトには10−46レスポールには09−42の弦を張っているのですが、最近は10−46が最強だと思っていましたが、久しぶりに09−42を弾いてこっちもいいなって思いましたね。
また何かのタイミングで使おうと思います。

 

レコーディング環境は基本的にいつもと同じです。
ドラムはマイクで録って他の楽器は基本的にラインでつないで録りました。

エレキはマーシャルの前にマイクを立てて録りました。
デジタルアンプなのでライン出しでもよかったのですが、マイクが余っていたのでやってみたかったんですよね(笑)

 

家族のコメントも紹介しておきましょう。


歌は最初のAメロが難しく、ギターは難しくないのに時々間違えるので、手のパフォーマンスくらいは多少なりとも雰囲気が出るかなと思ったのですが・・・。
実際は、似ても似つかない変な生き物になっていました…


人生初のドラムに挑戦でした!!最初は出来るか心配しましたが、意外と出来るじゃん❤って感じですよね。
両手両足が別々に動くので、脳トレにはいいかも!


前回に引き続きベースをやりました!
前よりかなり難しいバージョンで演奏していて、練習の進捗は1番遅かったです。
それでも、なんとか最後まで演奏できて良かったです笑

 

最後のイントロクイズはわかりましたか?
両親と同じぐらいの年代の方なら分かる人もいるかな?(笑)

お楽しみに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top