最初のピックの選び方

今日はギターを始める時に買うピックの話をしたいと思います。

楽器屋さんに行くとピックってめっちゃたくさん売ってますよね。
ピック選びも慣れてくると楽しいんですが、最初はどれを買ったらいいかわからないと思います(笑)

かと言ってピック1枚買うのに店員さんに聞くのもちょっと聞きにくいですよね(笑)

今日は最初のピック選びについて解説したいと思います。

 

まず最初に見るポイントは形です。

大きく分けて4種類あります。

左からトライアングル型ティアドロップ型ジャズ型サムピック型です。

それぞれ特徴があるんですが、最初に買うのはトライアングル型かティアドロップ型です。
それ以外の形のピックは候補から外しましょう。

では、どちらの形を買ったらいいのか。

アコギの人はトライアングル型エレキの人はティアドロップ型を買いましょう。
トライアングル型はストローク向き、ティアドロップ型は単音弾き向きです。

もちろんエレキでトライアングル型を使ったり、アコギでティアドロップ型を使ったりすることもありますが、それはもう少しギターに慣れてきてからの話です。

 

トライアングル型って言っても若干の形の違いがあります。

一番左以外はわかりにくいですが、角の尖り具合や側面の丸み具合などが微妙に違います。
左のほうがシャープで側面がまっすぐ、右に行くに連れて角がとれて側面も丸みを帯びているのがわかると思います。

極端に尖っていなければどれでもいいです(笑)
写真で言うと一番左だけは避けましょう

ピックの側面は直線よりちょっと丸みが合ったほうがいいです。
側面が真っ直ぐなピックは避けましょう。

 

ティアドロップ型は写真のような形のものを買いましょう。

ジャズ型との見分けが難しいですが、ポイントは大きさです。

ジャズ型はティアドロップ型に比べてちょっと小さいです。
そこそこ面積の大きいピックを買うようにしましょう。

小さいと扱いが難しいので。

 

本当は厚みや素材も解説するつもりだったんですが、長くなってしまったので続きはまたの機会に。

なんか最近またの機会にってのが多いですね(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。