フレット交換5日目

大変遅くなりました(笑)

最近は別の仕事で忙しくて最後の仕上げをする時間があんまりなかったんです。

今日は最後の仕上げをしてフレット交換が終わったので書いていこうと思います。

前回はフレットすり合わせまでしました。

今日はフレット上部の山を整形するところからです。

平らになったフレットの頂点を丸くするにはこのような溝のあるヤスリを使います。

まずは目印にマジックでフレットを塗ります。

この目印が細い線になるように削っていきます。

これが一番一般的な方法なのですが、目印をしなくても肉眼で確認もできますし、専用のフレットヤスリを持っていなくても紙やすりで頑張ればできます。
フレットの頂点を削らないようにサイドを削る感じですね。

 

ここまでできたら表面をきれいに仕上げていきます。
1000番の紙やすりで磨いていきます。
フレットと平行に磨いた後、

フレットと直角に動かして磨いていきます。

フレットサイドも磨いておくといいでしょう。

最後にピカールで磨くとピカピカになります。

ここまでできたらフレット交換は完了です。

ただ、フレットが高くなった分、ナットも高くしてやる必要があります。
今回はかなり大きなフレットを使っているので、ナットより1フレットが高い状態になってしまいました(笑)

新しいナットをつけます。
高さが合わない場合はナットの底を削ったり、溝を削ったりして高さを合わせます。

ナットの高さ調節はフレット交換とは違う工程なので、また別の記事にしたいと思います。

 

ここまでできたら完了です!
チューニングして、ネックの反りを直して、必要があれば弦高調整をして終了です。

けっこう長かった(笑)

フレット交換でどうなったのかの結果や、受講者さん向けサービスへの追加についてはまた書きたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top