いつも使っているカメラ紹介 「ZOOMQ2n」

今日はいつもセッション会の動画を撮っているカメラの紹介をしたいと思います。

第4回セッション会のときから使い始めました。
これがほんとに使いやすくて音質がいいんですよね。

今日はこのカメラについて書きたいと思います。

写真を見てわかるようにマイクがかなり大きいですよね。
マイクにしろカメラにしろデカイほうがいいので、音はきれいに録音できますね。

大音量でも音が潰れずにハッキリと聴こえますね。

まあ、百聞は一見にしかず動画をご覧いただきましょう。

まずこちらはスマホで録音したときのものです。

なんかモワモワーッとした感じですよね。
耳の穴に水が入ったときみたいな感じでしょうか(笑)

楽器ごとの音量のバランスもバラバラですよね。
最初はギターがハッキリと聴こえているのに、ベースが入った途端急に聴こえなくなります。

ベースも音量が大きくなったり小さくなったり、聴きにくいですよね。
ドラムもたまにサスティンがめちゃめちゃ短いときがありますよね。
「クラッシュシンバルが勝手にミュートされちゃった」みたいな感じになるところがところどころあります(笑)

おそらく、音量や周波数なんかで自動的に入力レベルを調整しているんだと思うんですが、それが仇になった感じがありますね。

次はZOOM Q2nの出番です。

めちゃめちゃクリアな音ですよね。
スタジオなのでかなりの大音量で演奏しているはずですが、潰れずにハッキリ聴こえます。

楽器ごとのボリュームもバランスよく録れてますよね。

スマホで録るとドラムとベースばっかりになってしまいがちなんですが、ギターやボーカルもハッキリ聴こえていますね。
私のタンバリンもちゃんと聴こえてます(笑)

スタジオで聴いたままを録音したような感じでしょうか。
ハッキリと録音できているので、自分の演奏を振り返ったりする時に非常に役立ちそうです。

 

このカメラを買ったきっかけはモニターの参加者さんからおすすめいただいたことです。
スマホでの録音に限界を感じていた時に、「こんなカメラはどうでしょう?」と提案をいただきました。
ご提案いただきありがとうございました。

ちなみに、このカメラの決め手になった要因はもうひとつありまして、プロモーションにスティーブ・ガッドデイヴ・ウェックルが起用されていたことです(笑)
ドラマーからしたら「こりゃ買うっきゃ無い」って感じですね。
憧れのドラマーが使っているとなると買っちゃいますよね〜(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。