アンプを買う?ギターを買う?

ギターが弾けるようになってくると欲しくなるのが、新しい機材ですよね。
欲が出てくると止まらなくなっちゃいます。

機材を買い漁っている状態を機材沼にハマるとか言いますしね(笑)

さて、最初初心者用の安いモデルで始めてそろそろ新しいのがほしいなって思ったときに、アンプを買うべきかギター本体を買うべきかどっちなんでしょう。

人によって事情は様々なので一概に言えないのですが、今日はヒントを提示してみようと思います。

 

まず、音に影響する度合いについて。

最終的な出音を良くするにはアンプをいいモデルに変えるのがいいです。
ギターじゃないんですよね。
ギターよりアンプのほうが出音に与える影響は大きいです。

じゃあアンプを買ったらいいのか!
と単純な話じゃないんですよね。

アンプ所有の意味について解説しましょう。

アンプは大きく2つに分類できます。

練習用本番用ですね。

練習用は家で使う小さいやつ、本番用はライブハウスとかで使えるデカいやつですね。

本番用の購入はもっと後で大丈夫です。

初心者モデルからの買い替えタイミングで買うのはちょっと早いです。
もう少しプレイの方向性が定まってからでないと、自分のスタイルにこのアンプは合わないってことが出てきます。

なので買うとしたら練習用ですね。

 

ギター本体を新しくするのは音が良くなるのはもちろんですが、弾きやすさが向上するメリットのほうが大きいでしょう。

安いギターと高いギターでは弾きやすさが全然違います。

また、ブランドを手に入れるという意味も大きいですね。
ライブハウスのステージではそこそこのブランド物を持ちたいじゃないですか(笑)

 

まとめると、家で練習するときにもっといい音、いろんな音で練習したいという方はアンプを、弾きやすいギターがほしい、バンドを組んでライブをしていくって人はギターを買うのがいいんじゃないでしょうか。

ただ、アンプの注意点としては練習用のアンプはライブでは使えないということですね。

もし、新しい機材がほしいなって人は相談してください。
アドバイスさせていただきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top