ビーターのシャフトが曲がってきた

いつもレッスンのときに私が叩いている電子ドラムのビーターのシャフトが曲がってしまいました(笑)

キックペダルのビーターですね。

そんなにこまめにチェックしていたわけじゃないのですが、ここ最近で一気に曲がったような感じがします。

たまに曲がることがあるらしいのですが、まさか直径5ミリぐらいの鉄の棒が曲がるとは思いませんでしたね(笑)

調べてみると電子ドラムに最初からついているビーターは曲がりやすいものが多いらしいです。

このビーターも10年ぐらい使っていますからね(笑)

シャフトが曲がってしまうと、ペダルの踏み幅が変わってくるので、演奏性にかなり影響してきます。
けっこう演奏しにくくなってしまいましたね。

ドラムのビーターはシャフトが曲がるより先に、表面のフェルトがはげてしまうことのほうが多いらしいのですが、シャフトが曲がったら交換です。

パールのビーターが余っているので交換しようと思います。
また何かに使えるかもしれないので、曲がったビーターもとっておこうかな(笑)

ぶっちゃけほとんど無いトラブルだと思いますが、キックペダルを持っている人はたまにチェックしておくといいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top