本番前の練習内容

いよいよ明日が本番ですね。
まあ、本番って言ってもそんなにたいそうなものではありませんが。

さて、本番前にはどのような練習をしたらよいのでしょうか?

今日は一人で演奏する場合本番前にどういった練習が必要なのか解説していきたいと思います。

 

練習内容は演奏する曲がどれぐらいの習熟度で、演奏する人の腕がどれだけあって、などいろんな要素で変わってくるのですが、共通して言えることは「本番を想定した練習をする」ということです。

本番とできるだけ同じ環境を作り、本番と同じ流れで演奏します。
複数の曲を演奏する人は連続で演奏するといいでしょう。

まあ、これは言うまでもないですね。

また、練習のときのポイントとしてはフレーズを間違いなく演奏できるかや意識するポイントを忘れずに演奏できるかをチェックするといいでしょう。

間違いなく言えることは、できないことをできるようにはならないということです。
本番前にがんばっても今できないことをできるようにはなりません。

たとえ練習で何度かできるようになったとしても、本番では高確率で真っ白になります。

しっかり事前に練習しとかないといけないってことですね。

 

さあ!本番前の最終チェック、忘れずにしましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top