ベースの右手の親指の位置

ベースを弾くとき右手の親指はどこに置いていますか?
いろんな方法があるので紹介したいと思います。

まずはピックアップの上に置く方法です。

ここに置いたまま4〜1弦全てを弾きます。
親指の移動を気にしなくていいので初心者にはおすすめです。
ピッキングする位置もピックアップのところから前後しないので、フォームも安定しやすいです。

ただ、1弦と4弦でフォームが大きく変わるので、速いフレーズがやりにくかったり、音色が微妙に変わってしまうんですよね。

ピックアップの上がカーブしていて親指を乗せやすくなったモデルや、フィンガーレストが装備されたモデルもあります。

 

次は弾く弦の1本上の弦に置く方法です。
3弦を弾くときは4弦2弦を弾くときは3弦に置きます。

弾く弦が変わると親指の位置も変わるので、慣れるまでは難しいですね。
また、弾く弦がバンバン変わるフレーズでは移動が多くなり難しくなります。
ただ、弦に対する角度が全て同じになるので、音色や音量が安定します。
1弦を連打するフレーズなんかはピックアップの上の奏法より弾きやすいですね。

4弦を弾くときはピックアップの上に乗せたり、一瞬だけならボディにチョンとくっつけて弾いたりします。

 

弾く弦の2本上の弦に乗せる方法もあります。
2弦を弾くときは4弦に、1弦を弾くときは3弦に乗せます。

4弦を弾くときは上に弦が無いので一つ前の奏法と同じ、3弦を弾くときはピックアップの上か4弦のどちらか、2,1弦を弾くときは4,3弦に乗せるという感じですね。
3弦を弾くときにどこに指を置くかはフレーズによって変わるでしょう。
4弦と3弦をたくさん弾くフレーズの場合はピックアップの上でいいでしょうし、3弦を中心に弾きつつたまに4弦が出てくるフレーズの場合は4弦に乗せておくといいでしょう。

 

最初は一番上の奏法でいいですが、慣れてきたら2個目、3個目の奏法にもチャレンジできるといいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top