ベースの右手のフォーム

今日はベースの指弾きのフォームについて書いていこうと思います。

安定したピッキングをするためにはフォームが大切なのですが、意外とおろそかになりやすいです。
左手で何フレットを押さえてっていう方に意識が向きがちですからね。

ベース初心者の方は今一度右手のフォームを振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

まず親指をピックアップの上に乗せます。

ジャズベースタイプなどでピックアップが二つある場合は、基本的にネック側のピックアップに乗せます。

そのまま人差し指と中指の二本で弾いていきます。

ここで重要なのが弦に対して指先のラインを揃えることです。

多くの人は人差し指より中指のほうが長いと思います。
弦に対して直角に腕を下ろしていくと弦に対する指の長さが変わってくるのがわかるでしょうか。

人差し指は指先で弾けても中指は弦に深く刺さってしまいますよね。

 

こうなってしまうと指ごとに音色が違っていたり、タイミングがずれたりしてしまいます。
特にタイミングのズレは致命的ですね。

人差し指は浅いのでタイミングが速く、中指は深いのでタイミングが遅くなってしまいます。

 

そこで手首を内側に曲げて指先が弦と揃うようにしていきます。

こんな感じですね。

 

ポイントは中指と人差し指のラインが弦と平行になっていることです。

ただ、このフォームは全員この形になるわけではありません。
人差し指、中指の長さは人によって違いますし、ベースの形によってもフォームが変わってきます。

私も4弦ジャズベースを弾くときは上の写真のような形ですが、5弦のアイバニーズを弾くときはこんな形になります。

ちょっと違いますよね。

ただ共通するのは人差し指と中指の先のラインは弦と平行になっています。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top