ベースレッスン 爪を切りましょう

今日は今まであんまりしていなかった、ベースの話をしましょう。

めちゃめちゃ基本的なことから書きたいと思います。

今日書くのは、「爪はこまめにメンテナンスしましょう」ということです。

ギターの場合は左手の爪を短く維持するといいです。
それはベースでも同じです。

しかし、ベースの場合は右手の爪も短くすることをおすすめします。

理由は簡単、指弾きをするからです。

人差し指と中指で弾くのが基本なのですが、爪が長いとピッキングした時に爪が弦にあたってしまいます。
そうなると弊害が2つあります。

1つ目は音が悪くなるということです。
爪が当たってしまうと変にアタック音が強調され、芯の細い音になってしまいます。
指弾き特有のずぶとい音を出すには指の肉だけで弾く必要があるんですよね。

2つ目はテンポが乱れやすくなるということです。
爪が当たるとピッキングのタイミングに微妙なズレが生じます。

そのズレがリズムがよれたり、テンポがズレたりする原因になるんですよね。

なので右手の爪、特に人差し指と中指は短くしましょう。

 

また、親指も場合によっては切った方がいいです。
スラップの時に邪魔になるのはもちろん、弦の上に親指を置くときに邪魔になる場合があります。

他にも3フィンガーをするなら薬指も短くないといけないですし、、、

まあ、両手の指を全部短くしとけばいいでしょう(笑)

 

プロのベーシストにもびっくりするぐらい爪の短い人は多いです。
爪の先から指の先端まで3ミリぐらいある人もいますからね(笑)

ただ、深爪にしすぎて痛いとか日常生活に支障があるとかってなるとさすがに具合が悪いので気を付けましょう。

 

また、どうしても深爪にできない体質の方もいらっしゃいます。
どれだけ深く切っても爪より肉が前に出てこない人ですね。

そういう場合多少の工夫はできますが、今は諦めるしかありません
ただ、長期的には短い状態を維持し続けることで、爪の生え際が後退してくるみたいなので、がんばりましょう。

ギタリストもベーシストも爪のメンテナンスはこまめにしましょうね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top