余裕があればチャレンジしよう! 基本コード

当教室のアコスティックギターレッスンでは基本的にレッスン曲に入っているコードから順番にやっていくので、基本コードでも曲に出てこなかったら最初はやりません。

ただ、基本コードを一通り知っておくというのもいいことです。
今日はアコースティックギター初心者、1,2曲目を練習している方向けに基本コードを紹介していきたいと思います。

余裕のある人はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

まずは「C」から。
こんな形です。

ダイアグラムで書くとこうなりますね。

サッとポイントを解説すると、指は斜めに持ってくるのがポイントです。

このように弦に対して直角に指が入ってくると指の間を開けないといけないのでキツイです。

斜めにしつつ、指ごとに関節の曲げ方を変えるのがいいですね。

 

次は「G」を紹介しましょう。

上下に幅の広いコードですね。
薬指はのばして、小指は曲げるのがポイントです。
特に第3関節の使い方がポイントになってきます。

小指はまっすぐ、薬指はしっかり曲げるのがいいでしょう。

 

「D」も比較的よく見かけるコードですね。

Cと同じで指を斜めに持ってくるのがポイントです。

こうなるとキツイです。

また、薬指はできるだけフレットの近くを狙いましょう。

 

今日はここまでにしておきましょう。
無理にチャレンジする必要はありません。
余裕のある人はやってみてもいいかもという程度で。

基本コードはまだあるので、続きはまたの機会に。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top