クリスマスも近いですがバンドマンへのプレゼントは何がいい?

クリスマスも近くなってきましたね。

今日はそれに関連してバンドマンへプレゼントするなら何がいいのか、について書いてみたいと思います。
まず、あくまで私の個人的な見解ですので喜ばれなかったとしても責任はとりませんので(笑)

もしよかったら友達や恋人がバンドマン、楽器をやっている人ならクリスマスや誕生日プレゼントの参考にしてみてください。

 

まず、楽器本体や弦、ドラムヘッドなどの消耗品は避けましょう
相手が前から欲しい物を明確にしているときは別として、なにかサプライズ的に渡したいというときにそういったものは避けたほうが無難です。
楽器本体は好みがあったり、同じ系統の楽器をすでにもっていたりする可能性があります。
消耗品は様々な規格があるので、相手がもっている楽器に合わない場合があります。

ケースも避けたほうがいいですね。
相手がもっている楽器がピッタリ入るとは限りませんので。

また、アンプやエフェクターなども避けたほうがいいでしょう。
音に直接影響する部分はバンドマンが一番こだわりたいポイントなので、適当に買ったものならその人に合わない可能性があります。

もし、明確に「このエフェクターがほしい」と相手が言っている場合は買ってあげると喜ぶと思いますが(笑)

 

さて、具体的に見ていきましょう。
まず、めっちゃ無難なやつでいくとブランドTシャツがあります。
ギター系ならフェンダーとかギブソン、ドラムならジルジャンパールなどなど。

もらって嬉しくない人は少ないと思います。
それぞれどのメーカーがどの楽器を作っているのかは確かめましょう。

また、ギターやベースのイラストがプリントされている場合、ギターかベースかはチェックしましょう。
ベーシストにギターのブランドTシャツはNGですね(笑)

 

楽器別にも見てみましょう。

ギタリスト、ベーシストならクリーニングクロスがオススメです。
安いものなら数百円ですが、高いやつは3,000円ぐらいします。

クロスに好き嫌いはそんなに無いですし、消耗品なので何枚合っても困りません。

ちょっと攻めるならストラップでしょうか。
相手の好きそうな柄のストラップをプレゼントしましょう。

 

ドラマーはちょっと難しいですね。
そもそも持ち物が少ないパートですので。

オススメは安いものなら特殊な素材のスティックでしょうか。
スティックは音に直結するものなので好みがありますが、ギター弦などとは違い、いくらでも持ち替えできるのでたくさん持っていても損はしません

カーボン製やアルミ製のスティックが売られているのですが、ちょこっと高いので興味はあるけど手を出せない人は多いんじゃないかと思います。

同じシリーズでもいろんな長さや太さのスティックがあるので、スタンダードなモデルを選ぶといいでしょう。

 

もうちょっと高いものならエフェクトシンバルがオススメですね。
特殊な音が鳴るシンバルです。

特に穴あきシンバルがオススメですね。
他のエフェクトシンバルほどクセが強くないので使いやすいですが、持っている人は少ないと思うので。

https://info.shimamura.co.jp/drums/article/201606031800

 

参考にしてみてください(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top