Megan Nicoleの紹介 続編

昨日に引き続き、メーガンニコールの紹介の続きをしましょう。

昨日はカバーアティスととしての側面を書きました。
しかし、メーガンはオリジナル曲も出しています。

今年の9月には新しいミニアルバム「My Kind Of Party」がリリースされたばかりです。
彼女のオリジナルのミニアルバムはこれで2作目ですね。
あとはシングルで15曲ほど出しています。

さっそく聴いていただきましょう。
最初のオリジナル曲「B-e-a-utiful」です。

英語は全くわからないんですが、「綺麗だねって言って」みたいな感じでしょうか(笑)
適当なこと言ってすいません(笑)

歌詞は置いといて、曲を解説しましょう。

ヘッドホンをつけて聴くとわかりやすいんですが、打楽器の音が気持ちいいんですよね。
Aメロのドラムで各小節の終わりに「トト」と減衰するようなバスドラムが鳴っているのがわかるでしょうか。
これがとても気持ちいいんですよね。

また、ハイハットも微妙に強弱がついていたりと、細かいところまで作り込まれていることがわかります。
全部ドラムマシンなんですが、とても気持ちいいパターンだと思いませんか?

歌と歌の間を埋めているアコースティックギターもオシャレですよね。

ほとんどドラムマシンやシンセサイザーなど電子系のサウンドで構成されているんですが、よく耳をすまして聴くといろんな音が鳴ってるんですよね。
サビでずっと「ウィーウィー」「ギターでワウペダルを使った時の音?」みたいな音が鳴っているのには今気づきました(笑)

よく聴いてみるといろんな発見があるもんですね。

映像も好きです。
サビになるとスローモーションになるんですが、メーガンだけは通常の速さ。
エキストラもたくさんいますし、けっこう手間がかってそうですね。

ちなみにこのMVのディレクターはだれであろうあの「カート・ヒューゴ・シュナイダー」です!
カートは演奏からディレクターまでなんでもやりますね(笑)

 

さて、次の曲を紹介しましょう。
最新のアルバム「My Kind of Party」から「Checklist」です。

先程の「B-e-a-utiful」もですが、映像作品としての完成度も高いですよね!
似たようなYouTube発のアーティストでもここまで凝ったMVは珍しいです。
3,4箇所のロケ地で歌っている姿を撮るぐらいが普通ですからね(笑)

ちなみにMVの一番最後、メーガンに選ばれた音響担当役の男性は2017年8月にメーガンと結婚した「Cooper Green」(クーパー・グリーン)です。
メーガンのMVは家族の出演が多いんですよね。
以前は妹の「Maddie Taylor」(マディー・テイラー)がよく出ていたんですが、最近はクーパーの出演が多いですね。

メーガンの結婚がわかったときはぶっちゃけ、ちょっとショックでした(笑)

どうでしょう。
メーガンの良さはわかっていただけたでしょうか。

正直、こういう雰囲気のポップスアーティストは嫌いではないですが、特段好きでもないんですね。
好きなジャンルは?と聴かれると、「バンドでやるロック」と答えますので。

ただ、なぜかメーガンには惹かれるんですよね。
説明しにくい魅力があるとでも言いましょうか。

おっと、この調子で書いていくとメーガンの記事だけで1週間ぐらいかかりそうです(笑)

続きは今度にしましょう。
思い出した頃に記事にしたいと思います(笑)

トップ画像引用元:Amazon

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top